メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊東京五輪

スポーツ・フィールドワーク 悪質タックル問題 自主性阻む服従関係=友添秀則

 日本大アメリカンフットボール部による悪質タックルは、指導者と選手との絶対的な服従関係が引き起こしたと言える。今回は2年後に迫る東京五輪に向け、選手とともに戦う指導者のあり方について考えたい。

 社会では弱者に合わせてセーフティーネットを構築していくが、スポーツ界では強者が優先されることが多い。体力があり、気が強く、スキルのある人たちがトップに就くと、命令と服従によるピラミッドの関係が容易に生まれる。内田正人前監督が直接選手に十分な指示をせず、井上奨(つとむ)元コーチを介していたことが組織の体質を物語っている。

 それでは選手の自主性は育たず独創的な戦術が生まれることは、まずない。練習こそ自発的でなければならないが、日大アメフット部は一方的な指導で選手を追い込み、支配してきた。

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文1119文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  2. 核禁止条約、批准50番目はホンジュラス 国連創設75周年の節目に

  3. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 富山知事選、新人の新田八朗氏が現職らを破り当選 半世紀ぶりの保守分裂制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです