メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地震

大阪・震度6弱 帰れない、大都市混乱 駅に人あふれ

新淀川大橋を徒歩で渡って帰宅する人たち=大阪市で2018年6月18日午後6時半、山崎一輝撮影

 大阪府北部を震源とした今回の地震は都市機能をまひさせた。JR大阪駅や阪急梅田駅周辺では夜まで、移動手段をなくした通勤客らでごった返し、不安そうにスマートフォンで家族らと連絡を取り合っていた。

 18日午後6時半過ぎ、JR大阪駅3階にある改札前では、約130人が疲れた表情で運行再開を待っていた。東大阪市の団体職員、桑田剛宏さん(42)は、東京都内で20日から始まるイベントのため、この日朝にJR新大阪駅から新幹線で東京に向かい、昼ごろ到着の予定だった。自宅を午前8時前に出て近鉄や大阪メトロを乗り継いで、午後1時半過ぎにようやくJR大阪駅に着いた。

 しかし、新大阪駅までの交通手段がなく、大阪駅周辺にとどまり、メールやラインで取引先とやりとりしてい…

この記事は有料記事です。

残り1628文字(全文1952文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  2. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 甲府市役所で男性職員死亡 飛び降りか /山梨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです