メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアW杯

サッカー 完敗から4年 コロンビアと今夜再び 長友、雪辱の時

W杯初戦のコロンビア戦を前に調整する長友=ロシア・サランスクで、長谷川直亮撮影

 【サランスク(ロシア)大島祥平】サッカー・ワールドカップ(W杯)の日本代表は19日、コロンビアとの初戦に臨む。前回2014年ブラジル大会でも対戦し1-4で完敗した相手だ。DF長友佑都(31)=ガラタサライ=は言う。「悔しさは残っている。それをピッチの上で表現する」

 あの光景を忘れられない。「ボロボロにされた。何もできなかった」。前回の対戦後、ピッチに座り込み最後まで立ち上がれずにいると、コロンビアの選手が慰めてくれた。「もう、ああいう場面は作りたくない」

 8日のスイス戦で敗れて西野朗監督の就任後2連敗となりチームに停滞感が漂うと、休養日明けの10日に、…

この記事は有料記事です。

残り544文字(全文824文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 「私生活動画」収集計画のIT会社、参加希望者のメアド流出

  4. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです