メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
トランプ氏

新たな対中制裁関税検討を指示 22兆円規模

追加関税10% 米中間の報復合戦は激化

 【ボストン清水憲司】トランプ米大統領は18日、新たに2000億ドル(約22兆円)規模の中国製品に追加関税10%を課す検討を米通商代表部(USTR)に指示した。米国による制裁関税に中国が報復関税を課す方針を示したことに対抗する。中国から譲歩を引き出すため圧力を強める狙いとみられるが、米中間の報復合戦は激化する一方だ。

 トランプ政権は、中国による知的財産権侵害に是正を迫るとして、500億ドルの中国製品に7月6日から段…

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文785文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  4. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです