メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加計学園

理事長が会見、謝罪 監督責任で給与を自主返納

 学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設を巡り、学園の加計孝太郎理事長が19日、岡山市北区で記者会見し、愛媛県文書に記載された安倍晋三首相との面会について「記憶にも記録にもない」と否定した。また、加計理事長が安倍首相と面会したとする虚偽の情報を学園の渡辺良人(よしひと)事務局長(64)が愛媛県などに伝えたとして、「多大なる迷惑、心配をかけた」と謝罪した。獣医学部新設が政治問題化して以降、加計理事長が記者会見するのは初めて。

 安倍首相と加計理事長の面会を巡っては、愛媛県が5月21日、安倍首相が獣医学部新設の構想について加計理事長から2015年2月に説明を受けたなどとする文書を参院に提出した。この文書は、県職員が同年3月に学園関係者らと交わしたやりとりを記録したもので、15分程度の面会の中で安倍首相が「新しい獣医大学の考えはいいね」と応じたなどと書かれていた。

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文855文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 首相、全国の緊急事態宣言解除を発表 「世界的に厳しい基準をクリアした」

  3. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

  4. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

  5. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです