メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加計学園

「首相と関係、一切ない」沈黙破った理事長

問題発覚して以降、公の場に姿を現さず 初の記者会見に

 学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設を巡る問題が発覚後、公の場に姿を現さなかった加計孝太郎理事長が19日、沈黙を破り緊急記者会見を開いた。「(首相との関係で新設を進めたことは)一切ない」。理事長は新設の正当性を主張したが、獣医学部が開学した愛媛県の関係者は「もっと早く説明すべきだった」と不信感をあらわにした。

 愛媛県の男性職員(38)は、中村時広知事が学園トップの会見を求めていたことを踏まえ、「知事が求めていたのは事実を淡々と話すことだけ」と、ここまで時間がかかった点に疑問を呈した。

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文642文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 持続化給付金の差し押さえ認めず 「事業継続支えるのが目的」 神戸地裁伊丹支部

  3. 企業の従業員向けバスを「市民の足」に 実証実験スタート 静岡・湖西

  4. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  5. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです