メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪震度6弱

軟弱地盤が増幅か 揺れ広域化のメカニズム

震度の分布と淀川

 専門家指摘 「M6.1で震度5以上の揺れ」広範囲観測に

 大阪府北部を中心に震度6弱を観測した18日の地震では、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.1と比較的小さかったにもかかわらず、震度5以上の揺れが大阪平野の広範囲で観測された。専門家は「大阪平野の軟弱地盤が揺れを増幅させた」と指摘する。大阪や東京、名古屋など日本の主要都市は平野部にある。平野での広域防災が今後の課題となりそうだ。

 震源は大阪平野北部を東西に延びる活断層「有馬-高槻断層帯」の南で、深さは13キロと浅かった。M6.…

この記事は有料記事です。

残り791文字(全文1037文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです