メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
世論調査

非核化に前向きな展望 韓国6割 日本は25%

 【ソウル堀山明子】非営利団体「言論NPO」(工藤泰志代表)と韓国のシンクタンク「東アジア研究院」は18日、日韓共同世論調査の結果を発表した。朝鮮半島の非核化について、韓国では「実現する」と答えた人が13.7%▽「動き出す」が45.6%--と約6割が前向きな展望を持っているのに対し、日本では両方の回答を合わせても25.5%に過ぎず、懐疑的な見方が強いことが分かった。韓国はこの1年で楽観的認識が急速に広がっており、文在寅(ムンジェイン)政権への評価や米朝首脳会談など国際状…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文594文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  5. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです