メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文芸春秋

お家騒動勃発 社長人事巡り役員や社員反発

文芸春秋=東京都千代田区で2017年5月16日、松井豊撮影

 週刊文春などを発行する文芸春秋(東京都千代田区)で、複数の役員や管理職らが、松井清人社長(67)提案の人事案に反発、撤回を求める要望書を提出するなど異例の事態となっている。先月末、松井社長の退任は決まったものの、社長が推す人物が新社長となる人事が内定し、社員の間で不満がくすぶり続ける。「文春砲」と呼ばれるスクープを連発している名門出版社の「お家騒動」の今後は一体どうなるのか。【山口敦雄】

 発端は、松井社長が4月上旬に役員に示した人事案だった。この案は、松井社長自らが会長に就き、これまで「週刊文春」編集長など編集畑出身者が就任することが多かった社長に、経営企画室担当の中部嘉人常務(58)を充てる--という内容だった。

この記事は有料記事です。

残り911文字(全文1223文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. ODAでソロモン諸島に配備した防災連絡システム、約3年使われず 検査院指摘

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです