メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪震度6弱

通学路の塀崩れ 三宅さん、リーダー的存在

 「行ってらっしゃい」「行ってきます」。登校中、ブロック塀の下敷きになって亡くなった大阪府高槻市立寿栄(じゅえい)小4年、三宅璃奈(りな)さん(9)は午前7時55分ごろ、通学路で見守りをしている男性(68)に元気な声であいさつをして学校へ向かった。

 普段は1年生の弟と一緒に登校するが、この日は校門であいさつをする当番のため、いつもより早く1人で登校していた。地震が発生したのは、およそ3分後だった。

 「女の子が壁の下敷きになった」。他の女児から一報を受けた学校の警備員らが駆け付けてブロック塀を持ち…

この記事は有料記事です。

残り618文字(全文868文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです