メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪震度6弱

ブロック塀の耐震性調査へ 宮城県

壁が倒れ、女児が下敷きになった現場を調べる捜査員ら=大阪府高槻市で2018年6月18日午後1時22分、久保玲撮影

 18日朝に大阪府北部を中心に震度6弱を観測した強い地震が起きたことを受け、宮城県内では、東松島市や仙台市が職員の現地への派遣を決めた。今回の地震で、ブロック塀の下敷きとなった犠牲者が出たことを受け、村井嘉浩知事は県内のブロック塀の耐震性を調べる方針を示した。【百武信幸、本橋敦子、升谷志摩】

 東松島市は同日昼に、市職員派遣を決定した。選ばれたのは、震災を経験した保健師や1級建築士ら5人で、復興応援のため同市に職員を派遣している大阪府枚方、松原両市に2泊3日の日程で向かうという。

 同日午後5時に出発式があり、渥美巌市長は「震災で全国から多くの応援をいただいた。あちらの市民のため…

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1143文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 下関署の女性巡査が福岡の風俗店でバイト 減給処分受け依願退職

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです