大阪震度6弱

都市機能まひ 帰宅困難者、駅周辺にあふれ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
電車の運転再開やバスの運行について駅員らに問い合わせる人たち=JR大阪駅で2018年6月18日午後5時14分、猪飼健史撮影
電車の運転再開やバスの運行について駅員らに問い合わせる人たち=JR大阪駅で2018年6月18日午後5時14分、猪飼健史撮影

 大阪府北部を震源とした今回の地震は都市機能をまひさせた。JR大阪駅や阪急梅田駅周辺では夜まで、移動手段をなくした通勤客らでごった返し、不安そうにスマートフォンで家族らと連絡を取り合っていた。

 18日午後6時半過ぎ、JR大阪駅3階にある改札前では、約130人が疲れた表情で運行再開を待っていた。

 東大阪市の団体職員、桑田剛宏さん(42)は、東京都内で20日から始まるイベントのため、この日朝にJR新大阪駅から新幹線で東京に向かい、昼ごろ到着の予定だった。自宅を午前8時前に出て近鉄や大阪メトロを乗り継いで、午後1時半過ぎにようやくJR大阪駅に着いた。

 しかし、新大阪駅までの交通手段がなく、大阪駅周辺にとどまり、メールやLINE(ライン)で取引先とやりとりしていた。「何とか、今夜中に東京に着きたい。安全のために万全を期すのは分かるが、再開があまりにも遅すぎるのではないか」と漏らした。

この記事は有料記事です。

残り871文字(全文1264文字)

あわせて読みたい

ニュース特集