メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪震度6弱

「水、食料を」買い物客殺到 品切れ相次ぐ

ミネラルウオーターやお茶が売り切れた棚=大阪府高槻市のライフ高槻城西店で2018年6月18日午後7時55分、大東祐紀撮影

 震度6弱を観測した地震の震源地となった大阪府北部のスーパーには、飲料水やカップ麺、冷凍食品などを買い求める客が殺到し、商品が品切れになる店が相次いだ。

 大阪府高槻市城西町のスーパーチェーン「ライフ高槻城西店」では18日夕、売り場にミネラルウオーターやお茶がなくなり、「本日のお水は完売致しました。ご了承下さい」と書かれた紙が張られていた。カップ麺や冷凍食品、総菜などもほとんど売り切れ…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文483文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 浦和ルーテル 青学大系属校に 小中高校 /埼玉
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  4. 無許可走行 特殊車両、公道で鉄道客車運搬 大阪の会社を県警捜査 /静岡
  5. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]