大阪・寝屋川市

白骨遺体、地震の被害調査で発見

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 18日午後1時35分ごろ、大阪府寝屋川市の集合住宅で、地震の被害を調べていた同市職員が2階の室内で白骨化した遺体を見つけ、110番した。府警寝屋川署によると、遺体はベッドの上にあり、目立った外傷はないという。同署はこの部屋に住んでいた男性(78)の可能性があるとみて、司法解剖して調べる。

 同署によると、部屋の玄関は施錠され、室…

この記事は有料記事です。

残り119文字(全文284文字)

あわせて読みたい

注目の特集