メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアW杯

受けたファウル10回 狙われたネイマール

【ブラジル-スイス】ピッチに倒れるブラジルのネイマール=AP

 何度、ピッチに倒れたことか。ブラジルがスイスから受けたファウルは19。このうち10がネイマールに集中した。

 献身的な守備が持ち味のリヒトシュタイナーに張り付かれ、ネイマールの左サイドのドリブルは破壊力をそがれた。終盤にマルセロの縦パスを受けてゴールに迫った場面でも、スイスの防御の網にかかり決定打にできなかった。相手の激しいチャージは、ブラジルに危険な位置でFKを与えることを承知の上でのもの。ブラジルでプレースキックを蹴るのはネイマールであるだけに、二重の屈辱といえる。

 今季、バルセロナ(スペイン)からパリ・サンジェルマン(フランス)に新天地を求めた。メッシ(アルゼン…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文613文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 革新機構、社長ら9取締役辞任へ 高額報酬で経産省と対立
  3. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
  4. 記者殺害後、サウジ皇太子に助言か トランプ氏娘婿
  5. ORICON NEWS 鈴木保奈美『SUITS』クランクアップ「“織田節”を堪能いたしました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです