メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校バスケ

暴行の延岡学園校長が陳謝 天皇杯予選は辞退

 長崎県大村市であった全九州高校体育大会のバスケットボール男子準決勝で延岡学園高(宮崎県延岡市)の選手が審判を殴ってけがをさせた問題で、佐藤則夫校長らが18日、同校で記者会見し「誠にゆゆしき事態で、絶対にあってはならないことだ」と陳謝した。23日からの天皇杯県予選は出場辞退し、8月の全国高校総合体育大会の出…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文386文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. 東京アラート、2指標で発動目安を上回る 残るは「1日20人未満」 要警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです