メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『爆身』『猫はしっぽでしゃべる』ほか

今週の新刊

◆『爆身』大沢在昌・著(徳間書店/税別1900円)

 『爆身(ばくしん)』は、大沢在昌ここにあり、と存在感を示すハードボイルド長編。プロのボディーガードのキリは、ニュージーランドから来日し、身辺警護を依頼された男を、赤坂のホテルで待つ。しかし、突然の爆発音。黒焦げ死体で見つかったのは依頼者のリー(日本人)だった。

 火薬も燃料もなく、警察も死因を特定できない。呪い殺されたという疑いが……。殺されたリーにキリを紹介…

この記事は有料記事です。

残り1570文字(全文1781文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  2. 暴力団関係のパーティー出席 スリムクラブ「認識、甘かった」コメント全文
  3. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  4. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束
  5. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです