メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

本郷 和人・評『刀剣と格付け』深井雅海・著

武器であり消耗品であり、贈り物や美術品でもある

◆『刀剣と格付け』深井雅海・著(吉川弘文館/税別1800円)

 擬人化された刀剣が活躍する舞台や小説が若い女性に大人気(刀剣女子なる言葉も生まれた)で、名刀を展示すると多くの女性が見学に訪れるそうだ。彼女らの行動の解析は社会学にお任せするとして、さて本書である。本書は刀剣そのものを解説するものではない。江戸幕府が刀剣をどう取り扱っていたかを歴史学の手法で解明する良書だ。

 私が子どものころ、お中元・お歳暮で品物が派手に行き交っていた。中で黒いラベルと赤いラベルの某ウイス…

この記事は有料記事です。

残り640文字(全文898文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 原因は果物のライチ?脳炎で子ども130人以上死亡 インド東部
  2. 堺市長選で選挙違反 元市議らを書類送検 法定外文書を1万枚配布疑い
  3. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  4. 吉本はコンプライアンス順守で瀬戸際に 「闇営業」金銭授受で11人謹慎処分
  5. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです