メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

小説家・脚本家 大山淳子さん 娘もなじんだ東久留米

 <青目川をご存じですか? 東京郊外にある、あまり大きくない川でして、架かっている橋はみな短いものです>

 こんな書き出しの小説「猫は抱くもの」(2015年)は、今住んでいる東京都東久留米市をモデルにしています。「青目川」も実際にある黒目川という、わき水で有名な川からいただきました。小さな川ですが、川べりに遊歩道が整備されているので、そこで小説の構想を練ったり、夫とウオーキングをしたりしています。都心では少なくなってきた野良猫も、のんびり暮らしていて、その姿をよく眺めています。

 東京都内には違いないのですが、すごくのどかなところです。先日は川で鵜(う)が泳いでいるのを見たんで…

この記事は有料記事です。

残り1463文字(全文1753文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 注意され「カチンときた」 東名あおり事故、被告人質問
  5. 東名あおり事故 遺族「なぜあの場所に停車させたか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです