メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

村野藤吾賞受賞 平田晃久さんの建築 社会巻き込む推進力

太田市美術館・図書館=阿相久志撮影

 建築家の平田晃久さん(46)が建築界に感銘を与えた設計者に贈られる第31回村野藤吾賞(村野藤吾記念会主催)を受賞した。東京・乃木坂のTOTOギャラリー・間(03・3402・1010)で個展も開催中だ。人間の多様な活動を受け止める、柔軟性に富んだ空間が注目されている。

 村野賞の対象は昨春開館した群馬の太田市美術館・図書館。駅前に位置し、大小五つの箱の周囲をスロープが取り巻く構造を持つ。街路の延長のように歩き回ったりくつろいだりできる空間が人気を呼び、利用者は既に40万人を突破。授賞は「社会を巻き込んでいく推進力」(記念会代表の建築家、古谷誠章さん)などが評価された。

 伊東豊雄建築設計事務所を経て2005年に独立。住宅や商業施設を手掛けてきたが、公共建築は同館が初め…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文715文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  4. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです