メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

村野藤吾賞受賞 平田晃久さんの建築 社会巻き込む推進力

太田市美術館・図書館=阿相久志撮影

 建築家の平田晃久さん(46)が建築界に感銘を与えた設計者に贈られる第31回村野藤吾賞(村野藤吾記念会主催)を受賞した。東京・乃木坂のTOTOギャラリー・間(03・3402・1010)で個展も開催中だ。人間の多様な活動を受け止める、柔軟性に富んだ空間が注目されている。

 村野賞の対象は昨春開館した群馬の太田市美術館・図書館。駅前に位置し、大小五つの箱の周囲をスロープが取り巻く構造を持つ。街路の延長のように歩き回ったりくつろいだりできる空間が人気を呼び、利用者は既に40万人を突破。授賞は「社会を巻き込んでいく推進力」(記念会代表の建築家、古谷誠章さん)などが評価された。

 伊東豊雄建築設計事務所を経て2005年に独立。住宅や商業施設を手掛けてきたが、公共建築は同館が初めて。東日本大震災後に被災地で集会所をつくった経験から市民とワークショップを重ね、美術館と図書館がとぐろを巻くように交じり合うユニークな構成を最終的に決めた。

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文715文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. 「このままでは餓死」失職労働者、都市部から歩いて故郷へ 感染拡大懸念 全土封鎖のインド

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです