メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾羊一のめでぃあ亭

だじゃれ文化を愛した

 A 私事だが、小生は昭和5年生まれだ。その前後の諸君は今や80歳代に達している。

 B わしも。それがどうした。

 A 戦争を肌身で体験した最後の世代なのだ。

 B そのせいか、戦時中についてあまり語りたがらないな。

 A そりゃそうだ。旧制中学2年になると、勤労動員が待ち構えていた。人手不足の下町の零細工場へ行くことになり、結局、8月15日の終戦の朝まで勤勉とは無関係なむごい空白期を抱えた“職工中学生”だった。

 B むしろ大正生まれの戦中派や後輩の「戦争を知らない世代」(団塊世代)が破滅の日本を鋭く分析し、高…

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文776文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  4. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  5. 四国から東日本、23日にかけて大雨の恐れ 台風20号接近 警戒呼び掛け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです