メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾羊一のめでぃあ亭

だじゃれ文化を愛した

 A 私事だが、小生は昭和5年生まれだ。その前後の諸君は今や80歳代に達している。

 B わしも。それがどうした。

 A 戦争を肌身で体験した最後の世代なのだ。

 B そのせいか、戦時中についてあまり語りたがらないな。

 A そりゃそうだ。旧制中学2年になると、勤労動員が待ち構えていた。人手不足の下町の零細工場へ行くことになり、結局、8月15日の終戦の朝まで勤勉とは無関係なむごい空白期を抱えた“職工中学生”だった。

 B むしろ大正生まれの戦中派や後輩の「戦争を知らない世代」(団塊世代)が破滅の日本を鋭く分析し、高…

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文776文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです