メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラカタ

平均を超えるまで挑戦 ラジオドラマ「あ、安部礼司」総合プロデューサー・堀内貴之さん

 TOKYO FMなどで放送中のラジオドラマ「NISSAN あ、安部礼司~BEYOND THE AVERAGE~」(日曜午後5時)が13年目に突入した。容姿も能力もごく普通の会社員、安部礼司が主人公。彼の仕事や恋愛、家庭といった日々を、昭和生まれにとって「ツボな選曲」を交えてコメディータッチで描く。主人公の名は「平均」(アベレージ)の言葉遊び。「平均とか上位、下位という思想が嫌で、そういう概念を超えていこうという思いから名付けた」

 出版社勤務を経て、フリーのDJとして活動していたが、34歳で無職に。普通に仕事をし、ご飯を食べている人々を街で見かけるとまぶしく感じた。「普通って、実はすごいこと。だからこのドラマを思いついた」。企画は、出版社時代から親交がある広告会社の友人(故人)が売り込み、形にしてくれた。放送が始まると、たちまち人気に火が付いた。各地で公開収録をしたり、8時間を超える生放送でギネス世界記録に認定されたりと、…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文761文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです