メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岡原功祐

自傷する少女の写真集 心の悲鳴に寄り添う瞳

 「写真を撮るというのは、(被写体の)存在を肯定する行為だと思うんです」。京都在住の写真家、岡原功祐(こうすけ)(38)はこう話す。自傷行為を繰り返す女性たちを取材したフォトドキュメンタリー『Ibasyo-自傷する少女たち“存在の証明”』(工作舎、3024円)を今春刊行した。一人一人のストーリーをつづった文章とモノクロ写真約60点から成る本書は単なる記録を超え、「人間の尊厳とは何か」と心の奥底に問いかけてくる。

 きっかけは知人女性の一言だった。「私には居場所がない」。泣きながら自傷行為を打ち明けられた。「僕自…

この記事は有料記事です。

残り962文字(全文1219文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです