メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラームス演奏会

若手と錬磨 ピアノ・横山幸雄

ピアニストの横山幸雄=大阪市北区で、田中博子撮影

 ピアニストの横山幸雄が30日、ザ・フェニックスホール(大阪市北区)で、バイオリンの清永あや、チェロの矢部優典という若手実力派奏者と全曲ブラームス・プログラムの演奏会を開く。

 神戸市出身の清永は2005年、日本音楽コンクール第2位。現在は米国を拠点に活動している。矢部は桐朋学園大3年。昨年の日本音コンで第2位となった。横山は「若い人とやるのは刺激になるし、僕も若手の気持ちに戻る」と話す。

 「バイオリンとチェロそれぞれに名曲があり、3人でできる曲もある」という理由で、横山が全曲ブラームス…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文597文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 警察がユニークなポスターで若者「確保」 志望者減続き
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです