東海第2原発

再稼働 知事、避難計画完成後に可否判断 /茨城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本原子力発電東海第2原発(東海村)の再稼働を巡り、大井川和彦知事は19日、可否を判断するタイミングについて、「県独自の安全性確認と、避難計画などの防災体制が確立してからだ」と述べ、県が設置する専門家委員会の判断と、周辺市町村が作成中の広域避難計画の完成を待つ意向を示した。

 同日県庁であった定例記者会見で明らかにした。

 大井川知事は「丁寧に県民の意見をくみ取ると再三申し上げている段階を出ていない」として、可否判断の根拠とする県民世論をくみ取る段階になっていないと強調。

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文642文字)

あわせて読みたい

注目の特集