関電新燃料

福島事故後、搬入50回に /福井

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 関西電力による県内への新燃料集合体(ウラン・プルトニウム混合酸化物燃料を含む)の搬入回数が19日、2011年3月の東京電力福島第1原発事故以降で50回に達した。この日朝、営業運転中の大飯原発3号機(おおい町)に、三菱原子燃料(茨城県東海村)から26体が陸送された。

 関電は年度内に大飯原発3号機と高浜原発…

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文286文字)

あわせて読みたい

注目の特集