メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天国橋を渡って

私立ハンセン病療養所の軌跡/2 神父らが築いた「聖地」 差別、偏見から守られ /静岡

 「転院の手続きをします」。1954(昭和29)年3月、岡山を出て多磨全生園(東京都東村山市)への転園に失敗した藤原登喜夫さん(85)は、私立のハンセン病療養所・神山(こうやま)復生病院(御殿場市神山)に迎えられた。

 それまで藤原さんが過ごした長島愛生園(岡山県瀬戸内市)は、30(昭和5)年に開園した国内で初めての国立ハンセン病療養所。復生病院は1889(明治22)年に、フランス人のジェルマン・レジェ・テストウィド神父(49~91年)によって開設されていた。

 パリ外国宣教会のテストウィド神父は、布教のために来日。鮎沢村(現御殿場市新橋(にいはし))を訪れ、…

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文998文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  2. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど営業延長 警視庁検討

  3. DeNAの筒香、レイズ入りへ 2年総額で約1200万ドル

  4. 用水路の水、ぜんぶ抜こうとしたら…ブラックバス釣り人から抗議殺到 茨城・潮来

  5. テレ東「池の水ぜんぶ抜く」 東日本大震災での護岸崩壊も判明 茨城・潮来

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです