地震

大阪・震度6弱 女児死亡で全小中校のブロック塀調査 基準超1カ所 名張市教委 /三重

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

伊賀市教委も指示

 18日に大阪府北部で震度6弱を観測した地震を受けて、名張市教委は19日までに、市内全小中学校19校のブロック塀を調査した。その結果、中学校1校で基準より10センチ高い塀が1カ所見つかった。市教委は早急に改善策を検討し、通学路などの安全についても再確認するという。また伊賀市教委も全市立小中学校、幼稚園にブロック塀などの点検を行うよう指示した。【衛藤達生、大西康裕】

 18日の地震では、大阪府高槻市立寿栄小4年の女児が学校のブロック塀の下敷きになって死亡した。倒壊したブロック塀は高さ3・5メートルで建築基準法に基づく規格(2・2メートル以下)に適合しておらず、法令違反の状態だった。

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文636文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集