地震

大阪震度6弱 女児死亡 各自治体、ブロック塀の緊急点検 市民にもチェック呼び掛け /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
水準器でブロック塀に傾きがないか調べる滋賀県草津市教委の担当者=同市野路町の市立老上小で、礒野健一撮影
水準器でブロック塀に傾きがないか調べる滋賀県草津市教委の担当者=同市野路町の市立老上小で、礒野健一撮影

 大阪府北部を中心に震度6弱を観測した18日の地震で、同府高槻市の小4女児が学校のブロック塀の下敷きになって死亡したのを受け、県内の自治体も19日、ブロック塀の緊急調査に乗り出した。

 大津市は19日の緊急防災対策会議で、市の公共施設を対象に、ブロック塀を中心とした緊急点検に乗り出すことを決めた。越直美市長は「早急に危険箇所の点検、特にブロック塀を点検したい。まずは学校や公共施設を点検し、市民にも呼び掛けたい」とあいさつ。ブロック塀の高さ▽壁を支える「控え壁」の有無▽傾きやひび割れの有無--などの項目を示したチェックシートを基に、全部署に緊急点検を指示する。

 市によると、公共施設にあるブロック塀の数は、現時点では不明。住宅のブロック塀などについては市の広報などを通じ、市民にもチェックを呼び掛ける。余震の発生や降雨も予想されるため、倒壊の危険性が確認された場合、利用者らを近づけないようにする。

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文875文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集