メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農の歳時記

県産桃、各地で出荷始まる 収穫、例年より早く /和歌山

 県内各地で旬を迎えた桃の出荷が始まっている。2016年生産農業所得統計によると、本県は桃の生産額は全国3位。生産面積は紀の川市の580ヘクタールを筆頭に、かつらぎ町(129ヘクタール)、海南市(29ヘクタール)と続く(市町村別統計検討協議会調べ)。今年度産は高温の影響で、開花および満開期が平年より早く、収穫・出荷も例年より早まった。

 紀の川市、岩出市を管轄するJA紀の里管内は、西日本最大級の桃の産地。同JAで早生の主力品種である「…

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文555文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JAL 自ら選んだ男性CAの道「男女に関係なく志望を」
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  4. 祇園祭 後祭の宵山始まる 24日の花傘巡行は猛暑で中止
  5. 知事発言録 15~21日 /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]