連載

K原さんちの里山探検

鳥取県南部町で暮らす自然観察指導員の桐原真希さん一家。山陰の生きものたちと里山の暮らしをご紹介します。

連載一覧

K原さんちの里山探検

/13 アメリカザリガニ 釣って守り育む自然 /鳥取

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 水生生物の中でもなじみのあるアメリカザリガニ。日本にやってきたのは1927年5月12日と日付まで分かっています。まだ100年たっていませんが、一部の離島を除いてほぼ日本全国に分布しています。以前は、環境省より「要注意外来生物」として、移動や拡散に注意が求められていましたが、今はより慎重に扱わなければならない「緊急対策外来種」というカテゴリーに入っています。

 どの外来生物も生き物そのものには罪はありません。問題は、うっかりも含めて地域や人への影響を配慮せず安易に移入種を持ち込んでしまった人間の責任です。特にアメリカザリガニは、ため池などの閉鎖水域で希少な水辺の動植物などを捕食し、在来種の脅威になっています。

この記事は有料記事です。

残り926文字(全文1233文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集