連携協定

県と東大大学院、IoTで 災害支援など /高知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
連携協定を結んだ尾崎正直高知県知事(左から3人目)と田中秀幸学館長(右から3人目)=高知県庁で、北村栞撮影
連携協定を結んだ尾崎正直高知県知事(左から3人目)と田中秀幸学館長(右から3人目)=高知県庁で、北村栞撮影

 県と東京大大学院情報学環は、IoT(モノのインターネット)などの技術・学術交流を図る連携協定を結んだ。東大大学院のIoT技術を生かし、産業振興や災害時の支援、地域の課題解決につなげる。また県は、東大大学院に実証実験など研究の場を提供する。

 県は一昨年、少子高齢化や南海トラフ巨大地震などの課題を背景に「高知県IoT推進ラボ研…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文409文字)

あわせて読みたい

注目の特集