メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

性同一性障害

精神疾患対象外 WHO

 WHOの「国際疾病分類」の最新版では、性同一性障害が「精神疾患」から外れ、「性保健健康関連の病態」という分類に入った。名称も変更され、厚生労働省は「性別不合」との仮訳を示した。同省は3年ほどかけて正式な和訳を検討する。

     性同一性障害が精神疾患の分類から外れたことについて長崎大の中根秀之教授(社会精神医学)は「国際的な脱病理化の動きが反映され、病気というより状態として捉えようという感覚だろう」と指摘。日本では、性同一性障害の人が戸籍上の性別を変更するには法律上、性別適合手術が必要だが、「手術を要件とすべきか今後議論が高まるのでは」と話す。

     厚労省の担当者は、「将来的な影響はあるかもしれないが、保険制度や治療方法の変更などへすぐにつながるものではない」としている。【藤沢美由紀】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ロシアW杯 モドリッチMVPに 躍進のクロアチア率い 
    2. サッカー 柴崎岳選手が女優の真野恵里菜さんと結婚
    3. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
    4. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
    5. 将棋 藤井七段、今泉四段に敗れる NHK杯1回戦

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]