1型糖尿病

インスリン製剤改良や新機器続々 生活の質、改善進む

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 小児や若年者に多い「1型糖尿病」は、摂取した糖を体の細胞内に取り込むのに必要なホルモンのインスリンが突然分泌されなくなる病気で、かつて「死の病」と呼ばれた。だが1921年のインスリンの発見により注射などで補充する治療法が登場。新たな製剤や血糖測定法も次々開発されるなど、患者の生活の質(QOL)の改善が進む1型糖尿病治療の最新状況をまとめた。【高野聡】

この記事は有料記事です。

残り2068文字(全文2245文字)

あわせて読みたい

注目の特集