メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1型糖尿病

インスリン製剤改良や新機器続々 生活の質、改善進む

 小児や若年者に多い「1型糖尿病」は、摂取した糖を体の細胞内に取り込むのに必要なホルモンのインスリンが突然分泌されなくなる病気で、かつて「死の病」と呼ばれた。だが1921年のインスリンの発見により注射などで補充する治療法が登場。新たな製剤や血糖測定法も次々開発されるなど、患者の生活の質(QOL)の改善が進む1型糖尿病治療の最新状況をまとめた。【高野聡】

この記事は有料記事です。

残り2068文字(全文2245文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  4. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです