メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦 第6局 一転、持久戦の展開

 <大和証券>

 佐藤天彦(あまひこ)名人(30)に羽生善治竜王(47)が挑戦し、山形県天童市の天童ホテルで19日に始まった第76期名人戦七番勝負第6局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、天童市、天童商工会議所協力)は午後6時31分、羽生が44手目を封じて1日目を終えた。持ち時間各9時間のうち消費時間は佐藤3時間58分、羽生4時間9分。20日午前9時に対局を再開する。

 佐藤が第4局から連勝して3勝2敗とし、3連覇へあと1勝に迫った本局。タイトル獲得100期達成を目指す羽生が2手目に意表を突く6二銀と指し、構想力が問われる戦いとなった。

この記事は有料記事です。

残り873文字(全文1150文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. 「学長人事にも適用されかねない」 苅部直氏が指摘する任命拒否の「最大の問題」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです