メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

早く遊びたいぞ「NEOGEO mini」…! 「KOF」最新作発表とともによみがえる“格ゲーの一番熱い時代”の思い出(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

手のひらサイズになったゲーム機「NEOGEO mini」(ネオジオ ミニ)発表が往年の格ゲーファンを喜ばせているなか、「ザ・キング・オブ・ファイターズ」のスマホ向け新作発表会が開催。そこで明らかになったのは意外な事実とは……!

 

【関連リンク】

話題沸騰中の「NEOGEO mini」に続報!! 収録40タイトルや発売時期が明らかに

 

まさかのアクションRPGでした

1990年代から一時代を築いた、SNKの大人気格闘ゲーム「ザ・キング・オブ・ファイターズ」(KOF)。その歴代シリーズからファイターが集う史上初のタイトルとして、「THE KING OF FIGHTERS ALLSTAR」が発表されました。

 

 

この「KOF ALLSTAR」、モバイルゲームメーカーのネットマーブルが2018年内にサービス開始予定というスマホ用ゲームなのですが、ジャンルはまさかの「アクションRPG」! 対戦格闘じゃなかった。

 

本作の特徴は3つ。

【1】対戦格闘からアクションRPGへの違和感ない進化。
【2】高いクオリティのグラフィック。
【3】最大の魅力であるコンボで爽快感が得られるゲーム性。

 

「KOF」シリーズといえば必殺技のコマンド入力の難しさが有名ですが、そこのハードルを大きく下げて万人に遊びやすくしたというもののようです。

 

↑発表会でデモがお披露目されたゲーム画面。画面タップで超爽快コンボ炸裂!

 

↑3人チームで巨大なボスキャラに立ち向かう場面も

 

3人の格闘家でチームを組んだら、ファイター同士の闘い以外に巨大なボスに立ち向かう共闘があったり。3Dモデルによる最新仕様のグラフィックのきれいさも納得。イマドキのスマホゲームらしくなって、これは確かにサクサク遊べそうな感じが。

 

ただ……1990年代の「KOF」全盛期を見てきたおじさんとしては、2D格闘にこだわっていた往年の「KOF」が懐かしく、尊く感じたのもまた事実だったりします。

「KOF」の始まりは、1990年代にブームだった「飢狼伝説」「龍虎の拳」を中心に、ヒットメーカーSNKのあらゆる人気作からオールスターが集結した格闘ゲームでした。第1作は「ザ・キング・オブ・ファイターズ ‘94」(1994年)。

 

当時の筆者の思い出として、一番やりこんだのは1996年の3作目「KOF ’96」。この年、特にゲームセンターは格ゲー花ざかりで、2Dものでは「ストリートファイターZERO2」、「X-MEN VS.ストリートファイター」、3Dでは「バーチャファイター3」、「デッド オア アライブ」などなど名作が連発。とにかく毎日学校の帰りはゲーセン。そして格ゲーが強いヤツがヒーロー、という時代です。

 

↑「KOF ALLSTAR」ゲーム画面より

 

「KOF」の魅力といえば、なんといってもアク強め&多人数の中から選べるキャラクターたち。そしてチームバトルです。ちょっとエロい女性キャラたちも魅力的でありつつ、主人公の草薙京(くさなぎきょう)、ライバルの八神庵(やがみいおり)がとにかくイイ。その名前からルックス、「炎を操る」という戦闘スタイルに至るまで“中二”ごころをくすぐりまくるキャラクター性! ゲーセンでこれを使いこなしている強者には憧れたものです。

 

↑草薙京(「KOF ALLSTAR」より)

 

ちなみに「KOF ’96」では、僕はサイコソルジャーチーム(麻宮アテナ・椎 拳崇・鎮 元斎)をよく使ってました。「♪パン屋、パン屋、サイコソルジャー」と(空耳で)聞こえるアテナのテーマ曲がめちゃくちゃクセになるんだよなぁ……(ちなみに、その歌はブレイク前のさとう珠緒が歌っていた)。

 

↑「KOF ALLSTAR」発表会で麻宮アテナに扮して登場したコスプレイヤーのえなこさん

そんな大昔のことを思い出しつつ、「KOF ALLSTAR」発表会を後にしようとしたところ、会場に「NEOGEO mini」の実機が展示されていることに気づきました。今夏の発売を前に!

 

 

予想外のタイミングでのファーストコンタクトでしたが、第一印象は「思ってたよりデカい」。これはいい意味で、です。かわいい手のひらサイズになったアーケードゲーム筐体なんですが、案外ちゃんと遊べそうな感じがする……。ボタン&スティックも当然小さいので、「遊びやすそうではない」ものの「飾りじゃない」とも思いました。

 

 

この実機、残念ながらその場で直接触れるのはNGだったものの、稼働はしているのでデモ画面をじっと鑑賞(昔、ゲーセンでお金を使い切るとデモ画面をえんえん見ていたことを思い出す)……。3.5インチの小さなディスプレイには美麗で懐かしいドット絵世界が広がっていて、見てるだけでだいぶワクワクしてきました。

 

「NEOGEO mini」には本体に40作品のゲームが収録されますが、その中には「KOF ‘94」から「KOF 2003」の10本も。1994年~2003年に毎年出ていた「KOF」が10年分……これ、間の年をどれも抜かず全部入れてくれたのが最高! しかし、40本のうち10本が「KOF」というのはやっぱりスゴイ。

 

「KOF ALLSTAR」のキャンペーンで「NEOGEO mini」がもらえるかも

ちなみに今回発表されたスマホゲーム「KOF ALLSTAR」は、2018年内の配信開始に先がけて現在は事前登録を受付中。これとあわせ、「NEOGEO mini」が当たるプレゼントキャンペーンも実施されているので、今はとりあえず「NEOGEO mini」が気になる……という人もチェックしてみる価値ありでしょう。

 

↑「KOF ALLSTAR」発表会に登場したみなさん。先述のえなこさんやゴールデンボンバーの歌広場 淳さん、さらにダチョウ倶楽部の3人も「KOF ALLSTAR」のプレイデモに参加した

 

THE KING OF FIGHTERS ALLSTAR
[ ジャンル ] アクション RPG
[ 提供元 ] Netmarble Corp.
[ 対応 OS ] Android / iOS
[ 価格 ] 基本無料(アプリ内課金あり)
[ 配信日 ] 2018 年配信開始予定

(C) SNK CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED. (C) Netmarble Corp. & Netmarble Neo Inc. 2018 All
Rights Reserved.

 

【関連記事】
スト2&鉄拳世代は燃える最新「アケコン」5選! 選び方/メリットまとめ
地味なのにこの中毒性なに…。「東京おもちゃショー」で見つけた異色なアナログゲーム5選
これからのモンストが目指すは「カラオケ」!? ミクシィ新社長が語る「成功する遊び場創りのコツ」
「モンスト」やってクラスでハワイ行こうぜ~! 40名分のハワイ旅行から特別ガチャまで当たるキャンペーン!
あのタニタがゲームコントローラー? 「バーチャロン」狂の社長が諸手を挙げたクラウドファンディング

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 日本海側、過去にもM7クラスの地震 津波で死者も 新潟震度6強
  5. 戦争の不条理 獄中の嘆き 元陸軍大尉が手記「勝者が敗者裁く」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです