メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外1票の格差、最高裁「合憲」判断 17年衆院選
米国

国連人権理を離脱表明 「イスラエル偏見」と批判

国連人権理事会からの離脱を表明するヘイリー米国連大使=ロイター

 ヘイリー米国連大使は19日、国連人権理事会(理事国47カ国)について「イスラエルへの慢性的な偏見がある」などと批判し離脱を表明した。トランプ政権が国連組織からの離脱を表明するのは、昨年10月の国連教育科学文化機関(ユネスコ)脱退決定以来。この際もイスラエルへの偏見を理由に挙げており、親イスラエル政策が一層鮮明になった。

 「米国第一」主義を掲げるトランプ政権は発足以来、地球温暖化対策の枠組み「パリ協定」やイラン核合意な…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文650文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  3. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 寝屋川中1殺害、山田被告に厳刑へ 大阪地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです