メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鉄道

廃線の三江線ファン「跡地巡礼」 グッズ好調

廃線後も旧三江線のグッズを販売する三次市観光協会=三次市十日市南1で2018年5月22日、岡本幸信撮影

 今年3月末で廃線となったJR三江線が発着していた三次駅近くで、関連グッズが今も売れ続けている。廃線後も跡地を訪れる鉄道ファンらが絶えず、買い求めていくためという。関係者は「三江線が愛されていたことがよく分かる」と感慨深げだ。

 三次駅隣にある広島県三次市観光協会(同市十日市南1)のカウンターには、旧三江線の35駅名が入った手ぬぐいやメモリアルメタルプレートシート、同観光協会オリジナルのマグカッ…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文497文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. 緊急事態 愛知知事が対象追加を要請 10日午後、県独自で宣言

  5. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです