第三セクター

平成筑豊鉄道、初の豪華列車運行へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
平成筑豊鉄道の観光列車運行に合わせ「へいちくマルシェ」などが整備される田川伊田駅=福岡県田川市で2018年6月19日、峰下喜之撮影
平成筑豊鉄道の観光列車運行に合わせ「へいちくマルシェ」などが整備される田川伊田駅=福岡県田川市で2018年6月19日、峰下喜之撮影

 福岡県田川市などの第三セクター「平成筑豊鉄道(平筑)」は来年3月から、初の本格的な観光列車を運行する。車両デザインはJR九州の豪華寝台列車「ななつ星」を手がけた水戸岡鋭治さんに依頼。姉妹鉄道協定を結んだ台湾「平渓線」沿線からの誘客も視野に「地元食材を使った豪華な食事を提供し、リピーターを獲得する」としており、切符の予約販売や商品企画を担当する旅行会社の募集を始めた。【峰下喜之】

 平筑は沿線人口の減少もあって、2004年度決算から営業収支の赤字が続く。収支改善のため、エリア外から乗客を呼び込む手段として観光列車を計画した。車両の改修や旅行会社の募集は、株主の県と沿線9市町村でつくる平成筑豊鉄道推進協議会(会長・二場公人田川市長)が国の地方創生推進交付金を受けて実施。事務局長を務める森山祐二・平筑調査役によると、水戸岡さんからデザイン担当の内諾を得た。

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文700文字)

あわせて読みたい

注目の特集