メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名人戦

羽生の封じ手は3一玉 第6局

立会の高橋道雄九段(左)が開封した封じ手を確認する佐藤天彦名人(右)。左から2人目は羽生善治竜王=山形県天童市の天童ホテルで2018年6月20日午前9時2分、梅村直承撮影

 佐藤天彦(あまひこ)名人(30)に羽生善治竜王(47)が挑戦し、佐藤が3勝2敗と防衛まであと1勝としている第76期名人戦七番勝負第6局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、山形県天童市、天童商工会議所協力)は20日午前9時、天童市の天童ホテルで2日目の対局が再開された。羽生の封じ手は、検討陣も候補に挙げていた3一玉だった。

 佐藤が防衛して3連覇を果たすか、羽生が踏みとどまって最終局に持ち込むか、シリーズのヤマ場を迎えた対…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです