メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名人戦

羽生の封じ手は3一玉 第6局

立会の高橋道雄九段(左)が開封した封じ手を確認する佐藤天彦名人(右)。左から2人目は羽生善治竜王=山形県天童市の天童ホテルで2018年6月20日午前9時2分、梅村直承撮影

 佐藤天彦(あまひこ)名人(30)に羽生善治竜王(47)が挑戦し、佐藤が3勝2敗と防衛まであと1勝としている第76期名人戦七番勝負第6局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、山形県天童市、天童商工会議所協力)は20日午前9時、天童市の天童ホテルで2日目の対局が再開された。羽生の封じ手は、検討陣も候補に挙げていた3一玉だった。

 佐藤が防衛して3連覇を果たすか、羽生が踏みとどまって最終局に持ち込むか、シリーズのヤマ場を迎えた対…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  5. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです