メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加計理事長会見

疑惑打ち消しに躍起 語気強め

 学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部を巡る問題で、加計孝太郎理事長(66)は19日、初の記者会見を緊急で開き、学部新設に絡んで“親友”の安倍晋三首相と面会したことは「一切ない」と否定した。会見を通じて、首相の意向が働いたとされる一連の疑惑の打ち消しに躍起になった。

 加計理事長は会見冒頭、メモに目を落としたまま「関係者に迷惑と心配をおかけし、おわびする」と頭を下げた。終始、冷静な対応に努めているように見えたが、質疑応答では質問を遮るそぶりもあり、首相と獣医学部のやりとりがあったのではと問われると「ありません!」と語気を強める場面もあった。

 加計理事長は学生時代に留学先で安倍首相と知り合い、「腹心の友」とも呼ばれた。先代の後を受けて2001年に理事長に就任、3大学と中学高校などを設置するまでになった巨大な学園グループを率いてきた。

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文783文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

  2. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  3. よみがえった清水寺「寛永の姿」に 4年かけ本堂や舞台など大修理 京都

  4. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  5. 福岡市中心部の天神にサル出没 警察官や見物客らで一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです