連載

世界の雑記帳

ロイター通信から、「へぇ~」と思わず声を上げそうな海外のニュースをお届けします。随時更新。

連載一覧

世界の雑記帳

W杯オーストラリア対デンマーク戦、ロシアの動物予想分かれる

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
 6月19日、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、サマラの動物園で飼育され予言ヤギとして知られる「ザビヤカ」が、21日に行われるCグループのデンマーク対オーストラリア戦は2─2の引き分けと予想した。引き分けのサインの前に置かれた餌の入ったボウルに走り寄った(2018年 ロイター/David Gray ) 拡大
 6月19日、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、サマラの動物園で飼育され予言ヤギとして知られる「ザビヤカ」が、21日に行われるCグループのデンマーク対オーストラリア戦は2─2の引き分けと予想した。引き分けのサインの前に置かれた餌の入ったボウルに走り寄った(2018年 ロイター/David Gray )

 [サマラ(ロシア) 19日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、サマラの動物園で飼育され予言ヤギとして知られる「ザビヤカ」が、21日に行われるCグループのデンマーク対オーストラリア戦は2─2の引き分けと予想した。引き分けのサインの前に置かれた餌の入ったボウルに走り寄った。

 動物園の担当者によると、ザビヤカは最初、デンマークとオーストラリア双方の国旗と並べた餌を無視したが、その後それぞれのところに2回ずつ行った。これは、双方が2回ずつゴールすることを意味するという。

 これまでのところ、ザビヤカの予想的中率は66%。W杯開幕前にベルギーが優勝するとの予想を示している。

 一方、サマラ市の反対側にある施設で飼育されているミーアキャットの「ティモン」は、デンマークの国旗の前に置かれた虫の入ったボウルを選び、デンマークの勝利を予想した。 

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集