山岳遭難

過去最多 17年3111人 60歳以上半数

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
山岳遭難者数の推移
山岳遭難者数の推移

 昨年に全国で発生した山岳遭難は2583件(前年比88件増)、遭難者は3111人(同182人増)、死者・行方不明者は354人(同35人増)といずれも2年ぶりに増え、統計が残る1961年以降で最多となった。警察庁が21日発表した。

 中高年の登山ブームを背景に遭難件数、遭難者ともに10年前の1・7倍になった。警察庁の担当者は「体力や経験に見合った山を選び、低い山でも十分な装備をしてほしい。登山届も提出を」と呼びかけ…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

あわせて読みたい

注目の特集