メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

「ゲッベルスと私」 全体主義描いた映画、続々公開 同じ過ちを犯さぬために

映画「ゲッベルスと私」の一場面=(C)2016 BLACKBOX FILM & MEDIENPRODUKTION GMBH

 今の政治、そして人々の心の有りようが第二次大戦前の1930年代に似ている--。そんな危機感を抱いた映画人の作品が相次いで公開される。もし、自分が当時生きていたら抵抗しただろうか。3本の映画から、国家に翻弄(ほんろう)される個人、差別、そして時代の空気を考えた。【藤原章生】

 ユダヤ人憎悪をあおったナチス・ドイツ宣伝相の秘書だった女性の証言が胸をえぐる。ブルンヒルデ・ポムゼルの独白でつづるモノクロのドキュメンタリー映画「ゲッベルスと私」が8月3日まで東京・神保町の岩波ホールで上映されている。

 106歳まで生きた彼女は撮影時、103歳。よくぞここまで生きたと感嘆させられる、しわと輝く地肌は美しいオブジェのようだ。ナレーションはなく、見る者は彼女の言葉を反すうし、そこに矛盾や利己を見いだす。そして自分たちも彼女と同じではないかと思わされる。

この記事は有料記事です。

残り2337文字(全文2709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  3. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです