メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

樫山文枝 何かしらの愛を感じて 漂流郵便局題材「ペーパームーン」

劇団民芸の新作「ペーパームーン」に出演する樫山文枝=川崎市麻生区で2018年5月30日、小玉沙織撮影

 瀬戸内海に浮かぶ香川・粟島にある、届け先のわからない手紙を預かるアート作品「漂流郵便局」。これをモチーフにした劇団民芸の新作「ペーパームーン」(佐藤五月作、中島裕一郎演出)で、夫とともに自宅カフェの開業準備に追われる三野瀬桃子役を演じている。「突然ボクシングのシーンが始まるなど、コメディータッチの面白さがあります。躍動感にあふれ、あまり民芸らしくない芝居です」

 稽古(けいこ)前の3月、出演者らと現地を訪ねた。漂流してきた貝殻が飾ってあったり、ピアノ線に差し込…

この記事は有料記事です。

残り964文字(全文1196文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都内で「年金返せ」デモ 報告書・麻生氏受け取り拒否など受け
  2. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  3. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  4. ORICON NEWS 堤真一、主演映画の観客の少なさに嘆き 事務所社長から報告「10人だったみたいで…」
  5. 内閣支持率40% 「年金だけでは2000万円不足」報告書の麻生氏対応「納得できない」68% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです