メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地震

大阪震度6弱 大阪市長、ツイッター上の休校宣言で混乱 教委、先に「校長判断」

 大阪府北部を震源とする18日朝の地震で、大阪市は同日、全市立学校を休校とした。しかし、一部で授業を継続した学校もあり、対応は割れた。市の地域防災計画では、休校判断は校長が行う決まりだが、吉村洋文市長はツイッターで早々に「全校休校」を宣言。保護者の出迎えや問い合わせの電話で学校は混乱した。南海トラフ大地震の発生に備え、検証が迫られそうだ。【真野敏幸、林由紀子、岡村崇】

 被害の全体像が見渡せない中で子どもをどう守るのか。市の防災計画は震度に応じた基準は設けず、判断を校…

この記事は有料記事です。

残り1598文字(全文1833文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 
  2. こころの天気図 暑さが招く精神不調=東京大教授、精神科医 佐々木司
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. 祇園祭 後祭の宵山始まる 24日の花傘巡行は猛暑で中止
  5. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]