メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・食べる・つながる

神奈川・小田原 十郎梅 肉厚で食感まろやか 手もぎで丹念に収穫 /東京

 戦国大名・北条氏の城下町で知られる神奈川県小田原市は、梅の産地でもある。なかでも小田原オリジナルの「十郎梅」は6月上旬から中旬が収穫のシーズンで、その果肉は梅干しを漬けるのに打ってつけという。6月上旬、同市曽我別所の梅林を訪ねると、日の光をたっぷり浴びた梅の木が無数の実を結び、周囲には甘い香りが漂っていた。【洪〓香】

 小田原市のJR国府津駅から車で15分ほど走ったところに、十郎梅を育てる農家、穂坂成雄さん(72)の…

この記事は有料記事です。

残り794文字(全文1004文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. 不良集団 「半グレ」4団体トップ逮捕 大阪で摘発強化

  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです