メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相模原市

ひきこもり状態回復へ、相談を 支援ステーション開設 /神奈川

 相模原市は市精神保健福祉センター(ウェルネスさがみはら、相模原市中央区富士見)に「ひきこもり支援ステーション」を開設した。ひきこもり状態にある人が生き生きとした日々を回復できるよう相談に応じ、支援へとつなげる。

 ステーションには常時、精神保健衛生士と臨床心理士ら職員2人以上が待機して相談に応じる。病状や生来の得手不得手から社会参加を避けてひきこもり状態にある本人やその家族から話を聞いて課題を整理。個別面談や家族教室、グループ活…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  2. 「ヒトからヒトへ感染」確認 中国新型肺炎 春節で拡大懸念

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです