メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相模原市

ひきこもり状態回復へ、相談を 支援ステーション開設 /神奈川

 相模原市は市精神保健福祉センター(ウェルネスさがみはら、相模原市中央区富士見)に「ひきこもり支援ステーション」を開設した。ひきこもり状態にある人が生き生きとした日々を回復できるよう相談に応じ、支援へとつなげる。

 ステーションには常時、精神保健衛生士と臨床心理士ら職員2人以上が待機して相談に応じる。病状や生来の得手不得手から社会参加を避けてひきこもり状態にある本人やその家族から話を聞いて課題を整理。個別面談や家族教室、グループ活…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

  2. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

  5. 「給付金、今すぐくれないなら死ぬ」 逮捕された男はなぜ窓口で騒いだのか 孤独と貧困と誤解と

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです