相模原市

ひきこもり状態回復へ、相談を 支援ステーション開設 /神奈川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 相模原市は市精神保健福祉センター(ウェルネスさがみはら、相模原市中央区富士見)に「ひきこもり支援ステーション」を開設した。ひきこもり状態にある人が生き生きとした日々を回復できるよう相談に応じ、支援へとつなげる。

 ステーションには常時、精神保健衛生士と臨床心理士ら職員2人以上が待機して相談に応じる。病状や生来の得手不得手から社会参加を避けてひきこもり状態にある本人やその家族から話を聞いて課題を整理。個別面談や家族教室、グループ活…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文541文字)

あわせて読みたい

注目の特集