メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鶴彬

川柳作家 没後80年 平和の願い、親族継承 /石川

鶴彬の平和への願いが継承されることを願う、めいの城戸寿子さん=石川県かほく市高松の鶴彬資料室で、石川将来撮影

 戦時中に反戦の声を上げ、多くの作品を残したかほく市出身の川柳作家・鶴彬(つるあきら)(1909~38年)。9月の没後80年の節目に向け、顕彰する人たちが講演会などの準備を進める中、めいで「鶴彬を顕彰する会」世話人の城戸寿子(ひさこ)さん(79)もまた、自分なりの継承を模索している。城戸さんは「数少ない親族としての責任を果たしたい」と話す。【石川将来】

この記事は有料記事です。

残り1557文字(全文1734文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです