メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田辺花火大会

「2尺玉募金」今年も 50回記念、協力呼びかけ /和歌山

田辺花火大会の運営費の寄付を受け付ける2尺玉募金箱=和歌山県田辺市役所で、藤田宰司撮影

 田辺観光協会は、10月6日開催の第50回田辺花火大会の運営費を市民に募る「2尺玉募金箱」(直径約60センチ)を田辺市役所とJR紀伊田辺駅、南和歌山医療センターに設置した。

     花火大会は、第32回弁慶まつり(10月5、6日)のフィナーレを飾るイベント。今年は50回記念として、例年より1000発多い約4000発を打ち上げ、2尺玉も5発用意する計画という。

     募金活動は毎年行われており、昨年は約34万円集まった。募金箱は2尺玉の他に竹筒や1尺玉、8寸玉サイズも用意し、計69カ所で市民に協力を呼びかける。【藤田宰司】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
    2. 性的虐待 父「誰にも言うな」から救った夫の「悪くない」
    3. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
    4. 性被害 BBCの詩織さん番組で「女として落ち度」言及 杉田水脈議員に批判
    5. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]